2010年02月08日

たなべぇサンドの秘密

umeboshi.jpg梅干といえば「紀州南高梅」。
肉厚の果肉が内側からはちきれんばかりに詰まっており、それを絹のような薄皮が覆っている、いわば「キングオブUME」。
その品質は日本一、いや世界一である。
こんな高級品を惜しげもなくサンドイッチに使うというのも、これまた日本一の産地であるからこそできること。酸っぱいだけが梅干の味ではないというところを、各店がしっかりと表現してくれている。

posted by たなべぇ at 13:27| たなべぇサンドの秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

「たなべぇ」のこと・・

実は田辺市は武蔵坊弁慶が生まれた地で、街中には弁慶産湯の釜や弁慶が座ったといわれる石もある。

tanabee_w150.gif「たなべえ」は田辺市のPRキャラクターとして、いろんなイベント等で活躍中。

とにかく自然の恵みがたっぷりの地にいることから、ものすごい食いしん坊である。

今ハマッっているのはもちろん、「たなべえサンド」!。
posted by たなべぇ at 14:31| たなべぇサンドの秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たなべぇサンド誕生秘話

tanjouhiwa.jpgそもそも、なぜ「パンに梅干」か。梅干のベストパートナーといえば白いごはんというのが食の常識とされていた。

それを覆すのではなく「これもアリ!」いや「これや!」という新しい味覚ワールドを開拓したのが、梅に関わる人々と商工会議所、そして地元のカフェやパン屋さん、レストランのオーナー達。

強烈なタッグを組んだ括果、「たなべえサンド」が誕生したというわけだ。

田辺名物という冠を意識しての試行錯誤が繰り返され、各店のオリジナルによってソースになったりペーストになったりで梅干の美味しさをさらにアップ。説明するよりまずは食べていただきたい。

はっきり言って、涙もんです。
posted by たなべぇ at 14:18| たなべぇサンドの秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。